CHECK

アンティーク家具の生産地域ごとの特徴

アンティーク家具の生産地域ごとの特徴

アンティーク家具の魅力の一つに、古い時代性や地域性を色濃く反映したデザインが挙げられ、生産地域によってその特徴も異なります。宮殿文化を映したようなロココ様式のものや田舎町で使用されていた素朴でナチュラルなカントリー調のものから、西洋文化に伴って制作された大正ロマンなアンティーク家具まで、バラエティに富んだデザインがあり、いつの時代にどんな地域で使われていたかにより、その家具の個性も変わってきます。
日本のアンティーク衣裳箪笥に関しても一見するとどれも似たようなデザインに見えがちですが、作られた地域によってデザインや特徴も異なり、特に金具のデザインに着目してみるとその違いは一目瞭然です。アンティーク家具のデザインには作られた地域の文化や時代ごとの流行などが現れており、知れば知るほど奥が深い世界となっているので、デザインからアンティーク家具に秘められた物語を調べたり、想像したりしてみるのもおすすめといえます。

新品では出せない独特な味わいがアンティーク家具の魅力

アンティーク家具の良さは、その独特の味わいです。製造当時の時代を連想させる古いデザインや質感など、色々な美がつまっています。
レトロな世界観やデザインが好きな方にとっては、たまらなく感じることでしょう。シミやキズなども独特の味わいとなり、魅力の1つとして評価するアンティーク愛好家も少なくありません。このような独特の味わいは、新品の家具では決して出すことができません。経年変化による色あいや質感の変化が楽しめることも、アンティーク家具ならではの良さです。アンティーク家具には、ウォルナット材やマホガニー材やオーク材などの高級木材が使われているものが多いことから、長持ちしやすく非常に美しい経年変化が楽しめるです。
1点ものの家具が多いことも、アンティーク家具の魅力です。工場で大量生産された家具と違って、アンティーク品には同じものがほとんどありません。そのため、世界に一つだけの家具を持つという満足感が得られるのです。

アンティーク家具に関する情報サイト
アンティークMANIA

当サイトはアンティークの家具について詳しく知りたい人にむけて、アンティーク家具と呼ばれるものの特徴を解説しています。昔に作られた年代物の家具に興味がある場合におすすめです。アンティークの家具の価値はどう決まるのか、という気になる情報もご紹介しています。価値の見分け方を知りたい人にも役立つ可能性があります。さらに骨董家具の生産地域ごとにも解説しているサイトです。魅力たっぷりのアンティークに詳しくなりたい人におすすめです。

Search